一人暮らしのリビング!真似したいインテリアのレイアウト!

ok-d-thumb

一人暮らしのリビング、皆さんどんなレイアウトでインテリアを楽しんでいますか?

 

縦長や、横長のリビングによって、また雰囲気も大きく変わってきます。

 

今回は、そのお部屋のレイアウトに合った、お勧めの一人暮らしのインテリアをご紹介したいと思います!

 

家具や雑貨選びを工夫することで、広く開放感のあるリビングになることでしょう。

見たら住みたくなる!素敵なリビングのweb内覧会

 

横長のリビングの場合!

横長リビング
一人暮らしのリビングで横長の場合、どのように家具をレイアウトしたら、おしゃれなインテリアを楽しむことが出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

広さや奥行きにもよりますが、横長のリビングの場合は、窓を上手に使って光を出来るだけ多く取り入れることが大切です。

living_088

それだけで開放感のあるリビングになり、部屋の雰囲気も明るくなります。

もし窓の近くに家具を置いてしまって、光を遮っているようでしたらレイアウトを工夫してみて下さい。

 

そして、せっかく横長のリビングなので、ソファーやローテーブルなどは少し大きめのものを選ぶと良いでしょう。

nordic-bliss-scandinavian-style-fantastic-frank-sweden-tv-living-room

一人暮らしなので、家具は大きくても邪魔にはならないはずです。

逆に少し大きめを選ぶことで、ゆったりとした空間になりますし何よりおしゃれなインテリアになることでしょう。

縦長のリビングの場合!

manoatama201306_06

縦長のリビングの場合は、奥行きがあるので家具選びや配置を工夫する必要があります。

スポンサーリンク

まず、少しでも部屋を広く見せるためのポイントがあります。

その秘訣とは、手前に大きめの家具を持ってきて奥に背の低いベッドやソファーを配置するとよいでしょう。

urban-vietnamese-house-combined-space-indoor-garden-8-table-living-angle-thumb-630x420-18755

こうすると、遠近法で狭いリビングが広く感じます。
また、一人暮らしなので使い勝手やおしゃれを楽しむという意味でも素敵なインテリアになります。

20130928_3_A0051

そして、どうしても部屋が狭く感じるようなら、テーブルは出来るだけ丸く角がない物を選ぶと良いでしょう。

これだけで、縦長のリビングの圧迫感を押さえることができます。

 

このように、リビングの大きさやレイアウトによって少しだけ工夫してみることで部屋の雰囲気や感じ方も全く変わるはずです。

 

せっかくの一人暮らしなので、落ち着くことができる空間づくりをしたいものですよね。

家具も好きなものを選びつつ、色や素材を統一することで素敵なインテリアになります。

 

是非、色々試しながら自分だけの一人暮らしのインテリアを存分に楽しんでみてください。

 

きっと早く帰りたくなるお部屋に大変身!してしまうことでしょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ