【うつ病】は気持ち次第で完治する!?おすすめの【治し方】

un-1

『うつ病』というと、「一度かかってしまったら治すまでに時間がかかる…」「もしかしたら治療法はないのかもしれない…」そんな風に思っている方も多いと思います。

 

でも、実はうつ病にもきちんとした治し方があるのです。

 

今回は、うつ病の治し方の具体的な方法を、その例を参考にしながら見ていきたいと思います。

『うつ病』かな…?と思ったら、まずは病院で診察を!

un-2

うつ病の症状として、第一に挙げられるのが不眠症です。

 

「布団に入っても眠れない…そんな日が長く続く」「やる気が起きず、何事にもマイナス思考になってしまう」・・

そんな症状が出たらうつ病の可能性が高いです。

スポンサーリンク

まずは、病院で診てもらうことが大切です。

いきなり心療内科や精神科に行くのは気が引ける…という方は、お近くの病院でまずは診察を受けることが重要です。

 

ただし、診てもらうお医者さんによっては薬を出してお金をとるだけといった医者もいますし、しっかり話を聞いてくれない、カウンセリングだけ薦めてきて後は何もしてくれない…そんな酷い先生も沢山います。

un-3

まずはうつ病のを治すために最も大切なのは、信頼できる先生を見つける事!

ここからがある意味本当のスタートになります。

 

信頼できる先生を見つけたら、あとは薬を飲んだりカウンセリングを受けるといった基本的な事から始めていきます。

ありのままの自分を認めてあげましょう!これが最も効果的な治し方の一つです!

un-4

「今まで当たり前のように出来ていた事が急に出来なくなる」「やる気も起きない」「周囲の人の些細な言葉に傷つきやすくなる」・・

これがうつ病の代表的な症状です。

 

何も出来なくてもいいのです。

無理に何かしようとか、頑張らなくちゃと思う必要はありません。

スポンサーリンク

特に今まで責任のある仕事に就いていたり、環境が変わりストレスを受けたことによって、うつになるということも珍しくありません。

まずは今の自分をそのまま認めてあげる事、これが何よりも重要です。

un-5

「うつ病になったから、きちんとした治し方でやらないといけない」・・

そんな事は一切ありません。

 

自分のできるペースでゆっくりと治していけば良いのです。

一歩外の世界に出てみよう!治し方は人それぞれ!

un-6

ただ、医者から出される薬を飲み続けたり、カウンセリングを受けたからといって完治する方はごく稀です。

 

もし、2年以上同じ治療法を続けても効果がないという方は一度以下の方法を試してみて下さい。

 

一度、「薬をやめてみる」というのも一つの方法です。

その代わり、食生活を見直し健康的な食事を摂る事、これが大切です。

un-9

そして、家の中だけでなく天気の良い日には散歩に出掛けてみるというのも気分転換になり良き刺激になります。

 

実は太陽の光を浴びることによって、不眠症の方に特に不足しがちなセロトニンを補うことも出来るので一石二鳥なのです。

 

「なかなかうつ病が改善されない」「色々な治し方を試してみたけど効果を実感出来ない」という方は、是非一度試してみましょう。

少しだけ社会との関わりを持ってみよう!

un-7

最後に、少しずつでもいいので社会との関わりを持っていくことが大切です。

 

無理に職場や学校に復帰しなくても大丈夫です。

 

自分が出来る範囲で、地域のボランティアに参加したりサークル活動を始めたりと、今の自分に合ったもので社会と関われる方法を探してみましょう。

 

ここまで出来れば、もうあなたは大丈夫です。

周りの人と自分を比べたりせず、ありのままの自分をさらけ出してみて下さい。

まとめ

un-8

うつ病になった時には、まず信頼できる先生を見つける事これが一番大事です。

 

そして、先生のいう事だけでなく、自分に合った方法を模索していくことも、うつ病の大切な治し方の一つになります。

 

是非、無理せず今の自分を認めてあげること、ここから始めてみましょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ