あなたはどれを信じますか?占いの種類はどれくらいある?

un-1

雑誌やテレビなど、多くのメディアで占いはよく取り上げられており、老若男女問わず多くの方が興味を持つ内容ですよね。

 

また、血液型占いや12星座占いなどの基本の占いから、実際に占ってもらう姓名判断やタロット占いなど、様々な種類の占いが私たちを楽しませてくれます。

un-2

そんな中でも、最近は多くの種類の占いが存在しており、どのような種類のものを見ればいいのか迷ってしまうようです。

 

では、その数多くの種類が存在する占いには、どのようなものが存在するのでしょうか。

 

ここでは占いの種類について紹介していきたいと思います。

占いの種類について

zodiac over starry background

占いの種類は大きく分けて、4つのカテゴリに分類することができます。

  • 卜(ぼく)
  • 命(めい)
  • 相(そう)
  • 霊(れい)

以上の4つです。

 

では、このそれぞれの意味とはどのようなものなのでしょうか?

占いの種類の内容について

ではこれらの4つの内容をかみ砕いて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【卜(ぼく)】

un-4

この占いの内容とは、霊的な力のしるしと運やタイミングについて判断される占いの事です。

 

この占いを使うタイミングは、近い将来の事や現在の事、人の気持ちが移り変わってしまうような内容について占う際に適していると考えられています。

 

ただし占ってくれる方の技術によって、診断結果が左右されやすい占いとしても有名です。

 

内容としては、おみくじや花占い、タロット占いなどがこの占いの中に属しているようです。

スポンサーリンク

【命(めい)】

un-5

この占いに関しては、占う方の生まれた時間や場所、日にちなど、その人の生まれた星の元に関して占う内容だそうです。

 

その人の生まれ持った宿命、運命や運勢などが知りたい際に適しています。

性格判断に関してはかなりの的中率で、信用してもいいと考えられています。

 

動物占いや誕生日占い、星座占いなどがこの中に属しています。

 

【相(そう)】

un-6

この占いに関しては、霊的な力を使って占うという内容になっており、現在の状況や過去から未来にかけてもしっかり占うことができる内容です。

 

幅広い内容が占えるだけあって、その的中率は占う人の力によって左右されてしまうのが難点です。

 

また、その占い師によっても今後の運命が左右されてしまうので、しっかり見極めたうえで占ってもらうことをお勧めします。

 

この占いは透視やヒーリング、霊鑑定などが属しています。

 

【相(そう)】

un-7

この占いに関しては、手相や人の顔、名前や家の配置関係などの内容で占うことを指します。

 

命と、卜の中間のような位置づけになっており、今を知るにはとてもいいですが、先の事を知るにはあまり適していません。

 

手相判断や姓名判断、風水などがこの占いに属しています。

 

いかがでしたでしょうか。

占いがこのような内容に分けられることを初めて知りました。

 

どのようなことを占いたいか明確な方には、是非参考にしてもらいたい内容になったかと思います。

 

様々な占いをうまく利用して楽しんでいきたいですね。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ