タトゥーは足首にするとってもオシャレ!今人気の文字とは?

ta-1

足首からちょっと見えるタトゥーってとてもオシャレですよね。

 

最近では、様々なデザインがあり迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな足首のタトゥーについて詳しく見ていきたいと思います。

足首のタトゥーは痛くないの?初めての人でも大丈夫?

ta-2

タトゥーは、入れる場所によっても痛みの大きさが異なります。

特に指先などの皮膚の薄い部分は、とても痛みが大きく覚悟が必要です。

スポンサーリンク

初めてタトゥーを入れる方は、手首や足首で試してみることをお勧めします。

こちらは身体の中でも最も痛みが少ない場所といわれているからです。

 

逆に指先や、陰部、わきの下などはとても皮膚が敏感なので非常に痛いです。

また、タトゥーを入れた後もヒリヒリとした痛みが続き痒みが止まらないという方も少なくありません。

 

心配な方は、お店の人に相談してみると良いでしょう。

ただ、どうしても入れたい方は、まずは500円玉くらいの大きさのタトゥーから始めてみてはいかがでしょうか。

 

一度、入れてみて我慢できるようなら次の箇所に入れるという方法がお勧めです。

タトゥーを入れるためには永久脱毛しないとダメ?!

ta-3

男性も女性の場合も同じなのですが、タトゥーを入れるからといって永久脱毛する必要は全くありません

 

タトゥーを入れる前に剃刀で毛を剃られることはありますが、永久脱毛しなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

毛を剃った後に、タトゥーを入れても時間が経てば毛は自然と生えてきます。

毛の濃い方なら毛が邪魔して若干見えづらくなるという事はあっても、タトゥーを入れる際にはそれほど気にする必要はないです。

 

特に足首の場合には、それよりも皮膚が薄いので若干傷みは伴いますが我慢できる痛みだと思います。

 

どうしても気になる方は、タトゥーを入れる前にきちんと手入れをしてからお店に行くと良いでしょう。

足首に入れるならこんな文字がオススメ!

ta-4

やっぱり足首に入れるタトゥーは、アンクレット風タトゥーが断然人気です。

最近では、女性用だけでなく男性用にもぴったりなドクロや十字架といったパンクなデザインも注目を集めています。

ta-5

まるで本物のアクセサリーをしているかのようなデザインがとってもオシャレです。

夏場はサンダルを履くだけで足物のオシャレはバッチリですね。

 

職場などで、どうしても人目につくような場所にタトゥーを入れられない…という方は、普段は靴下で隠れてしまう場所に入れるのも一つの方法です。

ta-7

どんなデザインにするか迷っているという方は、是非参考にしてみて下さい。

 

もちろん、アンクレットのような大きなデザインでなくてもハートや星のモチーフといった小さなものでもアクセントになるのでとても可愛いですよ。

ta-6

ta-8

自分が入れたいメッセージやロゴでもいいですし、決意を形にするという意味でタトゥーを入れる方も多いので是非、試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

bspnphotos201787-SPT020605B_3002

足首にタトゥーを入れるなら、お勧めのデザインはアンクレットデザインです。

 

足首に限らずタトゥーを入れる際には、永久脱毛は必要ないので安心して下さい。

初めての方には、痛みの少ない足首でのタトゥーがお勧めです。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ