一人暮らしの寝室のインテリアを変えたい!そんなあなたへ!

一人暮らしをしている皆さん、

寝室のインテリアというのは一日の疲れをとってくれる大切な場所ですよね。

RFNDXzAwMjaCzINSg3OBW_sD

帰ってきてゆっくり出来る、落ち着ける…そんな空間づくりをしてみませんか?

 

一人暮らしですから、寝室という個別な部屋はないかもしれません。

それでも少しの工夫で寝室をリラックスできる空間へと変えてしまうインテリアの方法があるのです!

 

今回は、風水をもとにしたリラックスできる寝室づくりについて詳しくみてみたいと思います!

寝室のベッドは北側へ!

寝室2

まず一人暮らしの皆さん、インテリアだけでなく確認してもらいたいのはベッドの位置と向きです。

寝室ですから、基本はリラックスできること・安心感があることが大切です。

 

そのために、まずベッドの位置が大きく関係してくるのです。

 

どの向き・位置に置いてありますか?

お勧めは、最も安眠できる方角であるとされる北側に置いてみると良いでしょう。

1

index_ph002b

寝室L021

スポンサーリンク

また北側に置くと金運もアップすると言われているので、是非この方角に変えてみましょう。

これもインテリアの一部!?観葉植物を置く!

寝室

それから、寝室の横などに観葉植物を置いてみましょう。

これだけで、失った運気・エネルギー・パワーが補充されるそうです。

 

また、部屋に緑を置くことでリラックスでき安眠効果もあるとされています。

部屋と女性

一人暮らしですから、インテリアはもちろんですが寝室として安心できる場所でありリラックスできる空間づくりを心がけたいものです。

 

このように一つでも、緑の植物を置くことで落ち着けるそうですよ。

20110929_15

インテリアの置く場所に気をつけましょう

一人暮らしですと、どうしても一つの部屋に家具や小物などをまとめてしまいます。

そうするとインテリアとしても、なかなかまとまらないだけでなく落ち着く空間づくりが難しいでしょう。

スポンサーリンク

注意してほしいことは、鏡の位置です。

おしゃれ寝室

普段の生活するものと寝室が一緒になっている場合が多いのですが、この鏡が寝室のベッドに映らないように場所を工夫しましょう。

 

姿見

 

また、おしゃれな間接照明などを置くと普段は一人暮らしのワンルームインテリアとして楽しんでいた空間が、

一気に安心できる安らぎの場所へと変身します。

 

小物を上手に使うことも一人暮らしのインテリアを楽しみながら、おしゃれな寝室を演出することも出来るのです。

 

SONY DSC

 

色は、個人の好みにもよるので自分が一番リラックスできる色を選ぶと良いでしょう。

是非、一人暮らしのインテリアを楽しみながら帰ってきてリラックスできる空間づくりをしてみませんか。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ