一人暮らしの電気代の平均とはどれくらい?節約の裏技とは?

hg-1

一人暮らしをしていると、すべての管理を自分でしていくために、電気代がどれくらいの金額が妥当なのかわからなくなってしまうこともあるかと思います。

特に人には聞きにくいため、比べることもできません。

 

そんな気になる一人暮らしの電気代の平均金額と、節約のためのイロハについて詳しく紹介していきたいと思います。

一人暮らしの電気代!気になる平均はどれくらい?

hg-2

では、一人暮らしの電気代は、どれくらいの金額が一番妥当なのでしょうか。

スポンサーリンク

電気代は季節によって左右されがちになってきますが、大体3000円から4000円あたりが平均ではないかと考えられています。

 

また、春・秋といった過ごしやすい時期に関しては3000円台、夏・冬といった時期は5000円台までが大体の平均かと考えられます。

hg-3

また、どうしても節約したい場合、初めの設定のアンペアを低く設定することで、少しは安くなってくるとも言われていますが、それはかなり微々たるもののようです。

一人暮らしの電気代!節約するためには?機材別で調べてみた

hg-4

「電気代が少し平均よりも高いな・・」
「もう少し節約するためにはどうしたらいいか・・」

そのようなことを考えることありますよね。

 

ではどのように節約していけばいいのか、ここでは電化製品別に調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

【夏の暑さ対策家電】

hg-5

まず、夏暑さをしのぐために使われるであろう電化製品は

  • クーラー
  • 除湿機
  • 扇風機

などがありますが、断然扇風機のほうが節約になることは間違いありません。

hg-6

扇風機はものにもよりますが、単純にプロペラを回すモーターが動くだけなので、一日20円ほどの電気代になることが多いです。

 

【冬の寒さ対策家電】

hg-7

続いて、冬の寒さを改善する家電ですが、かなりの多くの家電が存在しています。

  • エアコン
  • こたつ
  • オイルヒーター
  • ホットカーペット
  • 電気ストーブ
  • 床暖房
  • パネルヒーター

以上のようなものが存在しています。

 

暖房器具は結構電気を食うイメージがあるのですが、様々な組み合わせで温かさをキープしながら節約をすることができるといいます。

 

まず、エアコンですが、高い設定にしてしまうと電気代がかかってしまうため、設定温度を少し低めにするのが一番いいでしょう。

hg-8

また、ホットカーペットこたつを組み合わせるのも悪くはありません。

低めの設定のホットカーペットの上にこたつを置き、こたつは電源をオフにしておきます。

 

それだけでも結構温かく過ごしやすくなってくれます。

ちょっとした裏技ですね。

 

【その他日ごろ使う家電】

hg-9

では、日ごろ使う家電ですが

  • 換気扇
  • 乾燥機
  • パソコン
  • テレビ

以上に関してですが、どのように使っていけば電気代が節約できるでしょうか。

 

換気扇に関しては、これも扇風機同様あまり電気代がかかりません。

夏場などに24時間つけっぱなしでもあまり問題はなさそうですね。

 

乾燥機もそんなに電気代は使いませんが、できたらなるべく使わないほうがいいでしょう。

部屋干しや、天気のいい日に洗濯をしていけば問題ありません。

hg-10

パソコンやテレビに関しては、使わない時・見ていない時はしっかりと電源を切っておきましょう。

また、テレビは、コンセントを抜いたり主電源をオフにしておくだけでも節約になってきます。

 

いかがでしたでしょうか。

一人暮らしの電気代平均よりも多い方は、このように一度見直して節約してみるのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ