定年退職する方へ贈る!使ってみたい素敵なメッセージ!

tm-1

定年退職される方へ、どんなメッセージを花むけの言葉として贈ったらいいのでしょうか?

 

今回は、様々なシーンで使えるメッセージを見ていきたいと思います。

是非、参考にしてみて下さいね。

『感謝の気持ち』と『前向き』なメッセージを!

tm-2

定年退職される方へ贈るメッセージといえば、大切なのは御世話になった方への感謝の気持ちを表現することです。

スポンサーリンク

定年退職といっても、人生まだまだこれからです。

最近では趣味を楽しむ一時を過ごしたり、旅行に行ったりされる方も多く、職場を退職しても第二の人生として新しい生活を楽しんでいる方が多いです。

 

決して悲しい気持ちを表現するのではなく、明るく前向きになれるようなメッセージを花むけの言葉として贈りましょう。

 

そこまで深い関係でない方の場合や親しさによって言葉が変わってくるので、是非これから紹介するメッセージを参考にしてみて下さい。

こんなメッセージが喜ばれている!

tm-3

定年退職される方が自分よりも上司の方の場合は、以下のようなメッセージを参考にしてみると良いでしょう。

もちろん、そのままでなくても自分で表現しやすいようにアレンジしてもいいですね。

 

例えば、「本当に長い間、お疲れ様でした。これからは健康に十分留意され、第二の人生を○○さんらしく大いに楽しんで下さい。」という文でしたら、それほど親しい仲でなくても花むけの言葉としては十分です。

 

または、「定年退職おめでとうございます。○○さんが居なくなるのはとても寂しいです。たまにはこちらにも遊びにいらしてくださいね。どうぞお元気でお過ごし下さい。」といった内容なら、親しみも込められますしお祝いの言葉としてもお勧めです。

tm-6

もっときちんとした文章で思いを形にされたい方には、こんなメッセージもいいですね。

「長年にわたるこれまでのご功労に敬意を表します。誠にお疲れ様でございました。公私ともに一方ならぬご厚情とご指導を賜りましたこと、深く御礼申し上げます。今後の更なるご活躍と末永いご多幸を心よりお祈り申し上げます。」

 

このようにまずは感謝の言葉を述べ、その後に今後の検討を祈る前向きな言葉を選ぶと良いでしょう。

是非、自分なりに言いやすい言葉に置き換えて使ってみてください。

具体的なエピソードも取り入れてみよう!

tm-4

どうしても回りの人と同じような文章になってしまう…そんな時は、退職される方との具体的なエピソードを交えても構いません。

 

手紙という形で手渡しする方もいるでしょうし、お祝いの言葉として伝える場合もあると思います。

様々なシーンに合わせて是非、心に残る一言を考えてみましょう。

スポンサーリンク

例えば、定年退職される方に過去に言ってもらった言葉が今も心に残っている…その時は受け入れられなかった言葉でも、今の自分の糧になっている。そんな時はこんなメッセージを贈ってみたらどうでしょうか。

 

「定年退職、本当におめでとうございます。○○さんに△△といって頂いた言葉が今も心に残っています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。」

 

このようにその人と自分の中でしかない具体的なエピソードがあると気持ちを込めやすいですよね。

 

何を書こうか迷ったらまずは、参考にしてみて下さい。

定年退職される方が、気持ちよく新しいスタートができるような言葉を選べると良いですね。

まとめ

tm-5

定年退職される方に、今まで御世話になった感謝の気持ちと、これから始まる第二の人生を気持ち良くスタートできるように花むけの言葉を贈りましょう。

 

人とちょっと違うメッセージを贈りたい方は、具体的なエピソードも入れると更に良いでしょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ