専業主婦が離婚を考える 子なし夫婦にとって問題になるのは

sr-1

結婚を機に専業主婦になった女性が、離婚を考えるのはどんな時でしょう。

恋人だった頃には感じなかったような不安や不満は、結婚した後に色々と見えてくる事があります。

 

ふと、「離婚」という文字が頭をよぎったら、まず何について考えなければならないかを整理してみましょう。

専業主婦が離婚をするリスクはなに?

sr-2

離婚を決意して、相手に気持ちを伝えるだけならさほど難しい事ではありません。

スポンサーリンク

しかし、その後離婚に向けて具体的に動き始めた時、そして別れた後のことを冷静に考えてみましょう。

子なし夫婦であれば、自分ひとりの生活がどうにかなれば生きていく事は自己責任として割り切れます。

 

ただ、社会から一度結婚を機に離れた専業主婦は、自分が思っている以上に世の中の動きから隔離されています。

専業主婦歴があると再就職が難しい

sr-3

毎日の生活が家の中にいるだけで成立してしまう専業主婦は、いざ再就職しようと思った時に、改めて仕事をしていなかったブランクを痛感することになります。

 

結婚前はどんなに仕事ができていた女性でも、一旦家庭に入るという選択をした人は、結婚前のような働き方を日々の生活の中で忘れてしまっていることが思いのほか多いのです。

これまでの経験があるから、再就職は簡単にできるだろうという安直な気持ちはNGです。

スポンサーリンク

現実的に生活が成り立つ仕事を見つけてから離婚しても遅くはないでしょう。

経済的な基礎をしっかり固めておくべきです。

離婚理由が相手にある場合 専業主婦だからこそ考える準備

結婚 お金

相手の給料で生活をまかなっていた日々を、離婚をすることで終わらせる原因そのものが相手にあった場合、離婚が成立するまでにきっちりとお金の話をしておきましょう。

 

相手が不倫をしたなどの不貞行為が理由で専業主婦が離婚をするとき、それまでは家事従事者として相手を含めた生活を進めてきたその価値は計りしれません。

どれほどの苦痛を味わったのか、どれ程に家事を頑張ってきたのかを、きちんと自分の中で整理しておいた方が良いでしょう。

 

結婚していた間の自分の頑張りは、「慰謝料」という形で、自分の後の生活を支える材料になります。

離婚前に専業主婦でも別居申し出OK

sr-5

「顔も見たくない」、「一旦距離を置いて生活をしてみたほうが良い」など、離婚をする前に別居をするという場合は、婚姻費用の負担割合を詰めて話しておきましょう。

 

離婚が完全に成立するまでは、いくら別居でも通常の普段通りの生活が送れるようにするための費用は、基本お互いに分担するのが一般的です。

 

専業主婦だから収入がなく、別居は無理だとあきらめることはありません。

生活を前向きに、または後ろ向きに考えたとしても、離婚が成立するまでは、互いの生活を互いで守る必要があるのです。

sr-6

子なし離婚の場合、専業主婦だったあなたはこれまでに自由な時間の使い方も学んできている事でしょう。

 

もちろんその後の生活の不安は付きまとうでしょうが、子どもがいた場合の事を考えるとむしろよかったと割り切って、新たな生活を踏み出すのも策です。

 

婚姻生活をリセットしやすいのは、子なし離婚のメリットです。

何事も慎重に、勢いに任せず冷静に粛々を離婚の話を進める心の準備も必要です。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ