恋人とキスをするタイミングを作りたい!その方法とは!?

lgf01a201308262300

もうすぐ今年も夏がやってきますね。

花火大会に、お祭りに、プールに、海に・・・

多くのイベントが目白押しです。

 

特にそういうイベントはカップルにも大人気で、一緒に楽しい思い出を作るチャンスです。

 

最近では草食男子という言葉がはやっているように、若者の恋愛は男性が引っ張っていくもの。

という男らしい文化が消えつつあります。

 

女性的には、ここぞという時に引っ張ってもらいたい願望は、多いかと思います。

スポンサーリンク

今回はそんな時にキスをするタイミングを見つけたい。

そんな方法を紹介して行きたいかと思います。

 

【キスのタイミング!】セックスしたいといわれる男性になれます!

恋人とキスをしたい!タイミングを作る方法は?

84eb1e13790727904890cab39abe56eb_s-630x380

特に恋愛初心者である男性にとってどういうタイミングでキスをしたらいいのか、わからない方も多いようです。

 

また、そんなタイミングをどうやって作ればいいのか?

未だに悩んでいる恋人同士も多いのではないでしょうか。

 

キスのタイミングを意識的に作るなんて、どうなんだろうと思ってしまうかもしれませんが、ここではそんなタイミングが自然に作れる簡単な方法を紹介していきたいかと思います。

スポンサーリンク

まずは、どういう事がNGになってしまうのかを知っておく必要がありますね。

 

1.食事後の口が臭うタイミングでのキス

 

2.口を尖らせてするキス

 

3.友人や、知り合いがいるかもしれない場所でのキス

 

4.喧嘩中にされるキス

 

5.愛を感じない、ロマンチックではない環境でのキス

 

これらが嫌なキスのタイミングという結果が、調査で上がってきています。

 

確かに口臭が気になってしまうと、相手の行為を受け止めれなくて、嫌な気持ちになりますよね。

shutterstock_166303499

口を尖らせるキスもちょっと不器用すぎて、あまりいい印象ではないのでしょう。

001

キスの場所を知り合いに見られたくないのは、確かにわかりますし、喧嘩中のキスはたまにドラマのワンシーンであったりしますが、意外と嫌な方が実は多いようですね。

「そんなことでごまかさないで!!」って気持ちなんですかね。

 

ロマンチックではない、愛を感じないキスはもってのほかです。

3fdd9778

 

では、逆にどのようなタイミング、シチュエーションでのキスが、お互いに気持ちのよいものになるのでしょうか。

 

1.デート中のロマンチックな場所やタイミングでのキス

 

2.家にいるときに、甘えられてするキス

 

3.体を許しあう前のキス

 

4.イチャイチャ中の強引なキス

 

5.ほっぺやおでこに優しいキス

 

これらが互いにいいと感じる。

キスのタイミング、方法のようですね。

 

場所や、環境、シチュエーションをやはり互いに敏感に捉えてしまうのでしょうね。

140906_px0010116985w-300x225

vlcsnap-2011-01-02-16h02m17s220-0df64

721605a226dabfe25dbdad00c95bed1406a32059_72_2_9_2

2012022115210316f

 

では、キスをしてもらうために、どういうタイミングや方法を取ればいいのでしょうか。

今回は女性目線で考えてみます。

 

やはり女性からキスをねだるのは恥ずかしいものですが、そんな彼女に心奪われる男性も多いことは事実です。

20150514120707-3114-335_raw

まず、上目遣いで彼の目をみてキスをおねだりするのも、キスのタイミングを作る方法ではないかと思います。

01569

その場合「ン~」などといって「キスをしてほしいな」という環境にしましょう。

o0350038410899130298

af9940093428w2-300x225

結構恥ずかしい気がしますが、彼はそんな女性にキュンとしてしまうこと間違いありません!

 

 

いかがでしたでしょうか。

このように今は女性からも積極的にキスをするタイミングを作って行ってもいいのかなと思います。

方法は様々ですが、絶対にNGシチュエーションでしないように気を付けておきたいですね。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ