誰でも簡単!綺麗に!?素敵な自撮りをとるコツとは?

jd-1

自分を可愛く綺麗に、かっこよく見せたいというのは誰でも思うことですよね。

最近はSNSに芸能人がすっぴん姿やメイクの自撮りをアップし話題になるなどし、その影響からか自撮りを撮影する人も多くなってきました。

 

今やSNSなどで自撮りをアップすることはそんなに恥ずかしいことでもないようです。

気軽に撮影できますし、納得のいく自撮りをSNSなどのアイコンなどにしている人もいるようですね。

 

しかし、なかなか自分の思うように撮影できなかったり、コンプレックスが気になってしまったり、上手に自撮りができないと悩んでいる方も少なくはありません。

 

自撮りはどのように撮影するのがいいのか。

また、可愛く、綺麗に撮る方法はあるのか。

 

様々な自撮りテクニックについて、ここで詳しく紹介していきたいと思います。

自撮りのコツその①『角度』

jd-3

カメラを単純に自分に向けて撮るだけでは、綺麗な自撮りはできないようです。

輪郭をシャープに、目元を大きく強調することにより小顔効果が期待できます。

スポンサーリンク

それを簡単に撮影するには、カメラの角度がかなり重要になってきます。

少しカメラやスマホを上に持ち上げて、ななめ上からの撮影が効果的です。

 

顔の輪郭もくっきりシャープに見えますし、目元もしっかり協調することができて、可愛く、小顔に撮影することができます。

また、若干目も大きく見えることから、さらにワンランク上の自撮りができるといいます。

 

これだけなら結構簡単に撮影ができますよね。

是非チャレンジしてみてください。

自撮りのコツその②『髪型』

jd-2

小顔になりたいと思う女性は多いかと思います。

紹介した斜め上から撮影する以外にも、簡単に小顔に見えるように自撮りをするコツがあります。

 

それは髪型です。

髪型一つで小顔に見えるようにできるなら簡単ですよね。

 

まず、多くの方が気になる頬の部分、そこに髪がかかるようにします。

それだけでも撮影をしてみると綺麗な自撮りができていたりします。

 

また、顎を思いっきりあげてしまうと姿勢が悪く、スマートに見えない傾向があります。

引きすぎてしまうのもよくありませんが、髪型と同様に顎の角度もチェックしながらちょうどよいいい角度を見つけていくのもいいかもしれませんね。

 

なかなか角度が見つからない方は、最終手段として顎に手を置くのがいいでしょう。

jd-4

最近流行っている頬に手を置く「虫歯ポーズ」ですが、あのポーズで手の大きさが強調され、顎のラインが注目されなくなり、小顔に見えるという効果があります。

 

女性アーティストのジャケット写真でも顎や頬周りに手を持ってくるのはそのような効果があるからだとも言われています。

頬や顎に手を置いてみるのも自撮りのテクニックとしては有効でしょう。

スポンサーリンク

自撮りのコツ③『明るさ』

jd-5

肌のくすみやクマ、ほうれい線やしわなど、顔の気になる部分は人それぞれだと思います。

そんな様々な悩みを一発で解消してくれるのが照明です。

 

よく写真館などで撮影をする際に大きな照明でフラッシュをたくかと思いますが、あのフラッシュには、顔を明るく、くっきり見せる効果があります。

家や野外での自撮りで、そのような大がかりなことはできないかと思いますが、自分の顔に光やライトが当たるように撮影するだけでも、気になるしわや、くすみが消えてさわやかな肌で撮影することができます。

 

それだけでも綺麗な自撮りが撮影できるため覚えておきたいコツですよね。

jd-6

また、注意したいのは、あまりにも強すぎる照明や光だと、顔が白くなりすぎて浮いて見えてしまうこともありますので、太陽の光などですと、薄いカーテンをしてから撮影し、座って室内で自撮りをする際は、ひざなどに一枚白い画用紙などを置き、優しい光の反射で撮影すると明るい自然な肌感を出すことができます。

 

ちょっとしたテクニックですが、光の調整をしてみるのもいいですね。

自撮りのコツ④『笑顔』

jd-7

クールでかっこいい自撮りをとりたい場合は、笑顔ではなく、小顔効果を重視して頬や顎に手を添えるのみでもいいですが、やはり笑顔の素敵なかわいらしい自撮りは魅力的ですよね。

 

丸顔な方には歯を見せるように大胆な笑顔がいいといわれています。

気になる丸顔が改善されて、シャープで綺麗な輪郭ができやすいようです。

できれば前歯4本が見える感じの笑顔が理想的です。

jd-8

また、面長な顔の方は歯を見せてしまうような笑顔は、さらに面長に見えてしまうこともあります。

頬を上げて口を閉じた柔らかい笑顔で自撮りをすれば、面長感も改善されて笑顔の可愛い自撮りができるようです。

 

自分の輪郭をいい意味で生かしながらの自撮りは理想的ですよね。

是非取り入れてみてください。

自撮りのコツ⑤『目線』

jd-9

自撮りと聞くと、大体がカメラ目線で笑顔なものを想像しますが、あえて目線を外すことで、意外な一面が見れる新鮮な自撮りを撮ることができます。

 

特に目力の強めの方は、目線を外す自撮りを撮影すると、柔らかく知的な自撮りになることも多いとか。

また、黒目を強調しがちな自撮りですが、外しすぎはやりすぎ感が出てしまいますので、自然で柔らかい印象を意識しながら、様々な目線の外し方を研究してみてもいいのかもしれませんね。

自撮りのコツ⑥『姿勢』

jd-10

猫背で、首が前になっている状態で自撮りをしても、輪郭がぼやけてしまったり、どこか重たくなってしまったりなど、綺麗な自撮りが撮れないようです。

 

背筋を伸ばししっかりと首の位置を整えることで、綺麗でシュッとした輪郭を作ることができます。

その姿勢で、ななめ上からの撮影をすれば、さらに魅力的な自撮りになること間違いありません。

 

また、ななめ上にカメラを持って行き撮影するかとは思いますが、その際にしっかり腕を伸ばすことも姿勢を正すコツでもあります。

カメラが自分から遠いほどスマートな自撮りになるようですので、是非遠くから撮影してみてはいかがでしょうか?

jd-11

これらが自撮りを綺麗に、可愛く撮るコツです。

大がかりなものを用意するなどではなく、角度や姿勢、また手など気を付けるだけで自分らしい綺麗な自撮りが撮れるようですね。

 

覚えておけばすぐに実行できますし、難しくはありません。

また、最近では肌を綺麗に写してくれるスマホアプリなども増えてきました。

 

芸能人の方の自撮りなどもそのようなアプリを利用しているともいわれていますので、調べてみるのもいいかもしれませんね。

無料のアプリもたくさんあります。

自撮りをよりよく撮るコツは簡単に取り入れられるテクニックのようです。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ