なぜか出来てしまうニキビ。上手に早く治す方法はあるの?

nj-1

思春期の頃にできやすいとされているニキビ。

よく高校生の頃に私も悩まされたものです。

 

様々なスキンケア商品が出回っている中で、なかなか自分の肌に合うものを探すのが一苦労・・なんていう声も多く上がってきています。

そんな中で、大人になってもニキビに悩まされる方も近年多くなってきたといいます。

 

今までなかったのに、こんなところにできたのかとびっくりしてしまいますし、目立つところにできてしまうとそれが恥ずかしくなってしまって、一日中気になるという事もありますよね。

スポンサーリンク

そんなできてしまうと面倒なニキビですが、下手につぶしてしまうと跡が残ってしまったり、治し方を誤ってしまうと大変なことになってしまいます。

 

ここでは、そんなできてしまったニキビを正しく、しかも早く治せるとっておきの方法をいくつか紹介したいと思います。

なぜニキビができてしまうのか。

nj-2

では、なぜニキビはできてしまうのでしょうか。

思春期にできてしまったニキビと、大人になってできてしまうニキビの原因は、大元の『毛穴のつまり』であることは一緒です。

 

思春期のニキビは、皮脂の分泌が盛んになるために、その分泌に対応しきれずに毛穴が詰まってしまい、細菌が繁殖しニキビになってしまうと考えられます。

 

大人のニキビになると、食生活や睡眠時間の少なさから生活習慣の乱れ、そして仕事などのストレスから皮脂の分泌量が増えて、ニキビができる原因になってくるのだと考えられています。

 

また女性はホルモンバランスの変化により、ニキビができやすいタイミングがあるようです。

ニキビは、体の変化にとても関係があるようですね。

ニキビにも種類がある?

nj-3

ニキビにも様々な種類があるのは知っていますでしょうか?

『白ニキビ』『黒ニキビ』『赤ニキビ』『黄ニキビ』といった3種類が存在しています。

 

白ニキビと黒ニキビのできるサイクルは一緒です。

肌の角質が固くなり毛穴に詰まります。すると、毛穴から産毛を伝って出てくる予定だった皮脂が出てくることができずに、毛穴の中にたまって固くなってしまいます。

それが白ニキビ、黒ニキビができる理由です。

Young girl with skin problem

赤ニキビに関しては、その黒ニキビや白ニキビが悪化したものと考えてもいいでしょう。

そのままほおっておいてしまった結果、毛穴が炎症を起こしてしまい、菌が繁殖してしまっている状態です。

 

黄ニキビはその赤ニキビがさらに悪化した様子です。

毛穴の炎症から中に膿が溜まって化膿してしまっている状況です。この時には少し痛みが出ていることも多いようです。

ニキビを治す方法一番は『睡眠時間』

nj-5

肌の調子がおかしいときは、睡眠時間が不規則になってしまいがちな証拠です。

肌の再生は夜の10時から深夜2時までの間が最も活発に行われるといわれています。

 

その時間にしっかり睡眠できている状況にもっていけば、肌の回復は早くなると考えられています。

スマホを見たりテレビを見たりなどして、つい寝不足になってしまいがちですが、そんな時はしっかりと睡眠時間を確保して肌の再生を助けていきましょう。

洗顔方法の見直し

nj-6

毎日洗顔はしているかと思いますが、洗顔方法を間違ってしまうと肌を傷つけてしまったり、かえってニキビなどの肌荒れに悩みやすくなってしまいがちです。

正しく毎日の洗顔を行えるようにポイントを押さえておきましょう。

スポンサーリンク

①メイクはしっかり落とします。

様々なメイク落としが販売されていますが、オイルタイプよりもクリームタイプが肌に刺激が少なくてニキビ改善にはいいでしょう。

メイクは結構肌にストレスを与えてしまいがちなので、こすらず、なでるようにしてしっかり落とすことが重要です。

 

②しっかりと泡立てる

洗顔フォームはしっかりと泡立てないと毛穴の汚れをしっかりと取りのぞくことができません。

最近では泡立て用のネットも販売されているので、それを利用するのもいいでしょう。

洗う時はこすったりするのではなく、泡で包み込むように優しく洗顔していきましょう。

この時に急いでしまうとこすってしまいがちです。優しく泡で包み込むような洗顔をしていきましょう。

nj-7

③しっかりと洗い流す

洗う時はしっかりと洗い流しましょう。

流し残しがあるとそれがニキビの原因となりますし、白ニキビや赤ニキビがさらに悪化してしまう原因ともなります。

熱いお湯などでは帰って肌にダメージを与えてしまいます。ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

④清潔なタオルで押さえるように

洗い流したら、清潔なタオルでふき取りましょう。

ふくときは結構こすってしまいがちですが、こすらずに抑えるようにしてふき取ります。

おでこなどの髪の毛の生え際もしっかりふき取りましょう。

nj-8

⑤保湿をしっかりと行う

洗顔後は肌が乾燥してしまいがちです。

乾燥が進んでしまうと肌の皮脂の分泌が多くなってしまい、ニキビができやすい肌になってしまいます。

化粧水や乳液などでしっかり保湿を行いましょう。

ニキビをどうしても早く治したいときの応急手当

nj-9

どうしてもニキビを早く治したい時ってありますよね。

そんな時の応急手当てを紹介していきます。

 

用意するものは、『清潔なタオル』『ばんそうこう』『高濃度ビタミンCの美容液』の3点です。

 

①まず、綺麗な手とタオルでニキビの芯をとりのぞきます。

毛穴の周りを傷つけないように清潔なタオルで肌を包みながら行いましょう。

 

②毛穴から芯を取りのぞいたら、高濃度ビタミンCの美容液を付けて、その上からばんそうこうを貼ります。

ばんそうこうは接着部分を切るなどして少なくし、肌にストレスを与えないようにしましょう。

 

ジュクジュクのできたてニキビの場合は、高濃度ビタミンCの美容液をパウダーに変えましょう。

工程は途中まで一緒です。

美容液を付けるタイミングをパウダーに変えます。パウダーを付ける際は結構多めに、山盛りに盛ることが秘訣です。

 

これで普通よりも早めにニキビが改善されるようです。

nj-10

いかがでしたでしょうか。

ニキビができてしまう原因を押さえていけば、治す方法は確実に理解できますよね。

 

ここぞという時にできてしまったニキビは、紹介した応急手当で普通よりも早く治すことができます。

ただし、やはり跡は残りやすくなってしまうために、普段からの正しい洗顔や規則正しい睡眠時間の確保、そして食生活の見直しに気を付けておくことが一番の近道です。

 

綺麗な肌でストレスのない、楽しい毎日が過ごせたらいいですね。

覚えておきたいニキビの早い治し方を紹介しました。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ