知っていると得をする!?二日酔いに効く食べ物とは?

fy-1

これから新年会や送別会など、新年度に向かってたくさんの飲み会やそういった場所に出席されることはたくさんあるかと思います。

 

楽しく自分のペースで飲めればいいのですが、やはり「付き合い」というものも飲み会の中で存在していることもよくありますよね。

勧められて飲んで、次の日に響いてしまい、体がきつくなってしまうこともあります。

 

また、楽しくて思ったよりもたくさん飲んでしまい、次の日の仕事に響いてしまった、なんて経験をしたことがある人もたくさんいることでしょう。

fy-2

そんなときにもし、「二日酔いに効く食べ物」があるとするならば、是非とも取り入れたいと考える人は多いでしょう。

 

今回は、そんな二日酔いになった時に知っておくと便利な食べ物をいくつか紹介していきたいと思います。

二日酔いはなぜ起きるのか?

fy-3

では、そもそも二日酔いはなぜ起きるのか。

アルコールには血管を拡張する作用があるのはみなさん知っているでしょう。

 

お酒を飲むことで体が温まってきたり、顔が赤くなったりするのはそれが原因です。

アルコールには、そのような作用があるため、たくさん摂取しすぎると血管が炎症を起こし、頭痛などに繋がるのだと考えられます。

スポンサーリンク

また、アルコールは肝臓で分解されるのですが、アルコールを分解している間、肝臓はその他の活動を休んでいます。

肝臓は糖の貯蓄を行う臓器ですが、その働きが後になってしまう為に低血糖を引き起こしている可能性もあります。

 

その場合に、体のだるさや筋肉痛などの症状が出てきてしまうというわけです。

fy-4

そして、アルコール分解時に分泌される、アセトアルデヒドという成分がありますが、そもそも日本人はこの成分の分泌が少ない体質ですので、体のアルコール成分は抜けてもアセトアルデヒドが残っていて、吐き気や頭痛、体のだるさといった二日酔いの症状が出てきてしまいます。

 

飲みすぎは体に負担をかけ、その代償に二日酔いという症状が現れてしまうのですね。

二日酔いに効く食べ物 その1「柿」

fy-5

果物の柿は、季節の食べ物のため時期的に手に入りにくいこともありますが、二日酔いの改善に大きな効果があるといわれています。

 

柿には他の果物に比べて「果糖」が多く含まれています。

そのため、肝臓の働きで得るはずだった糖質を補うことができ、肝臓の働きを良くしてくれることが期待できます。

 

また、最近ではカタラーゼという酵素が生の柿(甘いものに限る)に多くに含まれており、同じく柿に含まれているビタミンCと一緒に摂りいれることで、体内に残ってしまったアセトアルデヒドの分解するのに効果があるとも考えられています。

 

この柿で、二日酔いの症状の元2つを改善することができるならば、結構お得な食べ物ですよね。

二日酔いになった場合、また、予防として食べておくことをお勧めします。

二日酔いに効く食べ物 その2「はちみつ」

fy-6

やはり二日酔いで一番なりやすいのが低血糖です。

糖は私たちの体の中ではとても重要なもので、糖の不足を放置してしまうと、命に係わる危険性もあります。

 

そこで万能な食べ物として考えられるのが「はちみつ」です。

を多く含んでいることはもちろんではありますが、少ない量で済むのも魅力の一つです。

 

はちみつは、アルコールを摂取する前にティースプーン1杯でいいので食べておくと、二日酔いを予防することができます。

 

二日酔いでだるい朝にコーヒーに入れて飲むこともできますし、パンに塗ったり、ヨーグルトにかけてなど、その人の好みに柔軟に対応してくれるため、とても万能だとも考えられます。

お酒を飲む機会が多い方は、はちみつを常備しておくといいかもしれませんね。

二日酔いに効く食べ物 その3「グレープフルーツ」

fy-7

グレープフルーツをそのまま食べても、果糖の摂取で低血糖が改善されますが、果汁100%のグレープフルーツジュースを飲むのもいいでしょう。

 

特に二日酔いの朝は食欲の低下や吐き気などによって、朝食を食べられない場合も多いかと思います。

そんなときにグレープフルーツジュースであれば、すっきりとした酸味が吐き気を和らげてくれますし、アセトアルデヒドの分解を果糖が助けることによって、二日酔いの改善を促してくれます。

果汁100%でないと、十分な果糖の摂取は難しいので注意しましょう。

二日酔いに効く食べ物 その4「しじみ」

fy-8

しじみには、「アミノ酸」という成分が豊富に含まれています。

このアミノ酸は、アルコールの分解を助けてくれる働きがあるため、お酒を多めに飲んでしまった後に摂取すると、体から早くアルコールを抜くことができます。

スポンサーリンク

最近では、そのしじみの働きを活かして、しじみを使ったサプリメントなども販売されており、飲みすぎた日の朝に飲むとかなり効果があると口コミで話題になっています。

また、通販でしじみのおつまみなども販売しており、健康に気を使っている方はあえておつまみには、しじみを使ったものを用意している人もいるといいます。

 

もし、朝少しでも口にできるとしたら「しじみの味噌汁」は、二日酔いにかなり効果があります。

fy-9

なぜなら、味噌の「レチン」という成分には、アルコールが脂肪になって、体に蓄積されるのを防いでくれる役割があるからです。

 

飲みすぎで、最近脂肪が気になってきたという方は、しじみの味噌汁を朝ごはんに取り入れると効果が見えてくるかもしれませんね。

しかも、ダイエット効果があると考えれば、女性にも嬉しい一品なのではないでしょうか。

二日酔いに効く食べ物 その5「梅干し」

fy-10

梅干しの中に含まれている、「ピクリン酸」には、肝臓の働きを活性化してくれる働きがあり、クエン酸と合わせて摂取すると効果はかなり上がるといわれています。

 

一粒「ポン!」と、食欲のない朝でも食べやすいですし、おすすめです。

梅干しの酸味によって食欲も出てくるのではないでしょうか。

そのほかにも考えられる二日酔いにきく食べ物「生姜」

fy-11

アルコールを多く摂取してしまうと、胃が胃酸過多になってしまいがちです。

肝臓のみならず、胃にもかなりの負担がかかってしまうようです。

 

そんなダメージを受けた胃に対して効果がみられる食べ物が、「生姜」と言われています。

すりおろしてお味噌汁などに入れると、胸焼けや胃のむかつきが改善できるかと思います。

fy-12

いかがでしたでしょうか。

アルコールを摂りすぎてしまうと、肝臓や胃、血管などに様々な負担がかかり、二日酔いになってしまうのですね。

 

そんな症状をこのように多くの食材や料理で改善し、和らげることができるともなれば、かなり嬉しいことではないでしょうか。

 

薬などで治すのもいいのかもしれませんが、食べ物などの自然の力で改善できれば健康にもとてもいいですよね。

是非取り入れてみてください。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ