就活を成功させた人の印象の良さって何?前髪に秘密がある?

¹0ü0Ä0’0@w_0ŒNºNn0sY'`

内定をもらうまで、就活中の学生は心が落ち着きませんね。

 

今まで何社もの企業の就職活動をしてもなかなか成果があがらない、何が良くないのか分からない・・と悩んでいる人は、もしかして第一印象を少しだけイメージチェンジすると成功するかもしれません。

 

パッと見でイメージを良くするためのマストなポイントは・・・前髪です!

好感度を得られる印象に変身して就活しよう

sg-2

就活では、いろんな企業を自分から進んでエントリーし、直接会社を訪れて担当者に会ってもらう必要があります。

 

就職説明会も、同じようなスーツに身を包んだ就活者が大勢いる中で、自分と話して自分の良さをアピールしなければならない過酷な場です。

スポンサーリンク

ただ、内定をもらう人は、大体が説明会や入社試験の時に複数社からもらっている場合が多いです。

反対に、内定が取れない人は、いくつ回っても採用に行きつかないという傾向があります。

sg-7

この違いは一体何なのでしょう。

 

それはズバリ、第一印象の良し悪しです。

第一印象がその後に与える印象よりずっとウエイトが高く、面接にこぎつけられるかという入り口で、既に就活競争は始まっています。

 

自分の好みやスタイルはまず置いておいて、好感度の高い第一印象が大切です。

おでこは出した方がいい?就活定番前髪スタイル

sg-3

多くの大学就職支援室では、「前髪は目にかからないように、おでこを出した方がいい」と勧められるそうです。

 

これは、単純におでこを出せばいいという事の意味ではありません。

おでこを全開にして前髪を全部オールバックで上げてしまえば印象がよくなるか?・・決して良いとは言えないでしょう。

スポンサーリンク

それどころか、就職活動の場で、おでこをあえて見せている人もいますが、前髪の長さが後ろ髪と同じくらいであれば、おでこを出して望んだ方が、本当にあなたらしさを感じてもらえるかもしれませんね。

 

ただ、おでこを少し出す方が、清潔感が増すという感情のもとにこの指導もなされるようになったようです。

自然な分け目が一番 就活の前髪は

‘O”¯‚ªŠ„‚ê‚Ä‚µ‚Ü‚¤‚Æ‚«‚́AƒXƒ‚[ƒ‹ƒsƒ“‚łЂƑ©‚Í‚³‚ñ‚ʼnŸ‚µž‚Ý‚Ü‚µ‚傤

前髪が中途半端に長い人は、自分のいつもの自然な前髪の分け目に沿って、耳近くでピン止めするのが良いでしょう。

 

パラパラと後でおくれ毛が落ちて来て、そのたび掻きあげたり耳にかけるしぐさは、就活という場面では好ましくありません。

いつものわけ目で自然に、そして途中でパラパラと落ちてこないように、前髪を止めておく工夫をしておきましょう。

 

この時に使うピンも茶や黒など色は実に様々ですが、形も色もシンプルで茶系や黒系のものがいいです。

すべては「相手に失礼がないように」を意識して就活する

sg-5

話の途中は、就活担当者も顔や目を見て話す前髪で、どの程度すっきりしていたら良いのかが分かりづらいですが、髪をふんわりと後ろ向きにブラッシングしながら、髪を立ててみると、自然とわけ目が浮いて見えるので、顔半分が出るのを意識してワケ目をチェックしましょう。

 

相手の話をキチンと聞く姿勢も前髪に現れます。

いつもの自分の好きなヘアスタイルを優先するのではなく、担当者に対して、すっきりした印象を与え失礼が無いような格好を第一に考えましょう。

sg-6

就活を成功させるには、まず第一印象に清潔感があって、まじめで前向きな雰囲気を伝える事が大切です。

 

前髪は目線がしっかりと就活担当に合わせられる程度に、すっきりとさせておく方が印象が格段に良くなります。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ