高校生にピッタリダイエット その方法と気をつけたいことは

kd-1

「自分に自信がほしい、スタイルが良くなりたい!」

 

そんな風に見た目に気を使いたくなる高校生に向けて、ダイエットの方法と気を付けたいことを紹介します。

 

でも、ダイエットに無理は禁物です。

きれいにすらっとした体のラインを無理なく手に入れたいですね。

あなたのボディをきちんと知る!

kd-2

まずは、あなたが「ダイエットをしなければならない体なのか」という事をきちんと自分で知っておくことが大切です。

 

最近の研究では、若い女性は発展途上国に住む人並みに痩せすぎている若者が多いという内容の発表がされています。

スポンサーリンク

痩せている女性がキレイだというのは、どこか女性の中の共通認識としてありますが、男性から見ればガリガリにやせている人に魅力を感じないというタイプの人も多いです。

kd-3

『本当にあなたにはダイエットが必要なのか』。

理想のボディに自分を当てはめるだけでは、美しい女性とはいえません。

 

きれいは健康から作られる美的要素です。

まずは健康を第一に考えて、体を整えることから意識してみましょう。

見た目が気になる高校生が取り組むダイエットは

kd-4

ダイエットと聞くと、体の線を細く保つことだと考えている高校生が多いようです。

 

学生なら、同じ制服を着て、そのボディラインが友達より太く見えたり、スカートから足の線が太く見えたりするのが極端に気になってしまいがち。

スポンサーリンク

でも、ここで、ただ細くなるためのダイエットを頑張ってはいけません!

単純に「細くなりたい」と願う事は、「食べる量を減らせばいい」という安気に流れた誤りダイエットを招いてしまうからです。

kd-5

高校生になると、体の成長自体は落ち着いて、女性らしい体に成熟していくとき。

この時に極端な食事制限をすると、後に健康被害を引き起こしかねません。

高校生向けダイエット まず体温を上げる!

kd-6

日本人の女性に多い体の特徴的な悩みに「冷え」があります。

 

寒い季節でもないのに、足先や手の先が冷えて困る。

夜は靴下を履かなければ寝られないほど冷たさを感じる。

 

こんな風に、体の末端の冷え性に悩む日本人女性は多いのですが、これは万国共通の女性の悩みではないのです。

 

冷えは、血行の悪さから引き起こされます。

そして、体の冷えた低体温状態が長い人は、体の代謝が悪くなります。

kd-7

体内でエネルギーを作ったり、燃焼させる力が低下するということです。

ということは、体内の不要な脂肪を燃焼させる能力が劣るという事になります。

 

ダイエットを始めて食事制限などをすると、必要な栄養素を補えないだけではなく、燃焼させる力も低下してしまうため、結果として太ってしまう「冷え太り」の状態になるのです。

kd-9

色んな健康食品やダイエット器具を使いたいけど、なかなかお小遣いで購入できない高校生のみなさん。

 

まずは自分の体温を上げることで、体調を整えて健康になり、ダイエットも実現できる事を知ってください。

 

食べる量をコントロールすれば、体重は減るかもしれませんがそれは一時のものです。

体が徐々に低体温化して、痩せにくい体に変わってしまいます。

kd-8

お金を使いたくない高校生など学生さんには、しっかりとたんぱく質や糖質を摂取して必要な栄養を取り、体温を上げて代謝をアップさせる「健康食ダイエット」をお勧めします。

 

まずは血行を良くして、健康的ではつらつとした、引きしまった体を意識しましょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ