綺麗に日焼けをしたい!初めての日焼けサロンについて

hs-1

真っ白な肌で海に行くのは少し恥ずかしい・・・。

そんな風に思ってしまう方は少なくはありません。

 

しかし、普通に日焼けをすると、まんべんなく焼くことができずに衣類の跡ができてしまったりして綺麗に日焼けができなかったり、また、あまりこんがり焼きすぎず、自然で健康的な肌にしたい場合なども加減がわからなかったりと困ることは多いようです。

 

一昔前に「ガングロギャル」が流行った時代がありました。

その時には『日焼けサロン』が爆発的な人気を得ていましたが、最近では健康的な肌を手に入れたいと、自然な小麦色の肌を理想として日焼けサロンに通う方がいるようです。

スポンサーリンク

しかし、はじめての人にとってみたら、日焼けサロンとはどのようなところなのか、痛くないのか、肌を痛めたりしないのか、不安も多いことでしょう。

 

そんな初めて日焼けサロンを利用する方に、どのような場所なのか、どのように焼いていくのかなどを詳しく紹介していきたいと思います。

初めての日焼けサロン①【なぜ焼けるの?】

hs-2

では、なぜ日焼けサロンでは綺麗に日焼けができるのでしょうか。

不思議ですよね。

 

日焼けサロンでは、専用のマシンの中に入り肌を焼いていくのですが、そのマシンでは「UV蛍光管」というものを使い紫外線を人工的に照射します。

その紫外線が肌に当たり日焼けをするといった仕組みです。

 

紫外線は肌の敵というイメージですが、日焼けサロンでは、皮膚に炎症を起こしてしまう成分のUV-B波というものがカットしてありますし、紫外線も少なく、自然に肌を焼くよりかは肌にやさしく日焼けをすることができます。

このように聞くと、結構体にやさしい印象ですよね。

初めての日焼けサロン②【機械にも強さや種類がある】

hs-3

『日焼けサロン』と聞くと、ドーム柄の専用機械の中に何時間か寝転がって全身を焼いていくイメージかと思います。

実はその機械にも種類があり、肌に強めの物から優しいものまで多数です。

 

日焼けサロンが初めてという方は、最初は肌に優しい種類で慣らしていき、徐々に段階を上げていくことをお勧めします。

急いで焼きたいからと強めの物を選んでしまうと、肌に急激な刺激を与えてしまい、炎症を起こしたり痛めてしまったりします。

注意したいですね。

初めての日焼けサロン③【一回で急激な変化はない】

hs-4

日焼けサロンで機械の中に入り、出てきたら日焼けができて理想の健康的な肌をゲットできると思われがちですが、そんなことはありません。

 

人間は徐々に日焼けをしていくものです。

そのため最初は優しい設定で20分、それを3回ほど行えば、日焼けに対する肌の土台ができるといわれています。

 

1週間に20分を2~3回ぐらいのタイミングがベストです。

短くても受けてから48時間以内にまた受けるのは避けた方がよさそうです。

初めての日焼けサロン④【持ち物は?】

hs-5

日焼けサロンに行く決心がついたなら、どのような持ち物を用意しなくてはならないのかあまりイメージしにくいですが、基本手ぶらでも大丈夫なように様々なアメニティーを用意してくれている日焼けサロンが増えてきています。

 

たとえば完全個室でシャワールームが完備されていますが、バスタオルなども貸出してありますし、パウダールームもしっかり用意されています。

 

女性の方ならメイク道具ぐらいあればすぐに行くことができるため、とても気軽に通いやすいです。

仕事終わりに行き、日焼けサロンで施術を受けてシャワーを浴び、そのまま帰宅も可能なのです。

スポンサーリンク

しかし、中には用意していない日焼けサロンもあるかもしれませんので、事前に予約などされる場合にしっかり設備の確認や準備物などを
確認しておいた方がいいでしょう。

後で困ってしまっては大変ですからね。

初めての日焼けサロン⑤【施術中について】

hs-6

どのように日焼けをしていくのか、想像もつかないかとは思いますが、施術中は基本綺麗に全身を焼くために真っ裸になることが多いです。

そのために完全個室になっています。

 

しかし、格安店の場合、もしかすると個室になっていないかもしれないので、予約時や店を決める際は注意が必要です。

多くの店舗が完全個室を謳っているのでだいたいは大丈夫かと思います。

 

そしてドーム型の機械の中に入る際、目にはよくないため、目をつむって入ることが原則として決まっています。

目を閉じてリラックスした状態で横になっておきましょう。

hs-7

また、最近では立ったまま中に入れる機械もあります。

その場合は両手を上げて目を閉じて中に入りましょう。

 

機械に入る前にオイルを塗るとさらに綺麗に日焼けができるようです。

初心者でも安心して使えるものが販売されていますので、調べてみるのもいいかもしれませんね。

初めての日焼けサロン⑥【アフターケアが重要】

hs-8

日焼けサロンに行き施術を受けてそのまま帰れる、結構気軽に日焼けが楽しめるのですが、実は施術を受けた後のアフターケアが綺麗な日焼けをするためには重要になってきます。

 

日焼けをするということは、肌が熱を持ってしまっているということです。

そのために冷却は結構重要です。スーッとする塗り薬やジェルが販売されていますので、是非準備しておくことをお勧めします。

 

また、肌が乾燥してしまいますので保湿も重要です。

特に顔などはすぐに痛んでしまったり、しわができてしまいますので保湿力の高い化粧水や乳液も必要になってきます。

 

また、これらのケアを怠ると、将来年齢を重ねた時にシミやそばかすなどの原因にもなってしまいがちです。

そうなっては綺麗な肌には程遠く、元もこうもないのでアフターケアはかなり重要です。

注意しましょう。

hs-9

いかがでしたでしょうか。

これから夏に向けて、綺麗で健康的な肌で海やプールに行きたい人が増えますので、この春から日焼けサロンに通う方は実はひっそりと多くなっているようです。

 

以前のガングロギャルのような奇抜な印象とは違い、健康的に、肌に優しく日焼けができるとして、初めての方が行くことも増えてくるでしょう。

しかし、残念ながら肌に合わない人も出てきますので、その場合は速やかに施術をやめて専門医の支持を受けることをお勧めします。

hs-10

また焼きすぎもNGです。

免疫力の低下やアレルギー体質になってしまったりといいことはありません。

 

自分の肌の様子を見ながら、無理なく日焼けができたらいいですね。

初めてで興味があるけれどなかなか勇気がない方も、これらを参考にして是非一度チャレンジしてみてください。

 

健康的な肌をゲットして、楽しい夏を迎えられたらいいですね。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ