理想体型ってどんなスタイル!? 計算方法と必ず注意してほしいこと

自分の理想の体型と体重を知っていますか?

スラっとした手足の長い人や細身の体型の人等、スタイルの良い体型をしている人を見ると、つい自分と比べてうらやましく思ったりしてしまいがちです。

スポンサーリンク

どうして私は痩せないんだろう…」と、落ち込んだり嫉妬してしまったりすることもありますよね。

誰からも羨ましがられたり、憧れを持たれたりする、いわゆる「理想体型」の持ち主は、その体型をキープするために、色々な努力をされていることがほとんどなのです。

では、どのような努力をして、理想的な体型をキープしているのでしょうか?
まずは、自分がどんな体型をしていてるかということを自覚することから始めます。

「適正体型・理想体型・美容体型」の違いを知って、しっかりとした目標体重を設定することが「理想体型」への近道かもしれませんね。

目標体重の目安になる健康体重と美容体重について

健康体重とは病気などになりずらい健康的な体重の目安です。

さらに、このときの体脂肪率が20~25%の間であれば、なお健康的です。
健康体重(kg) = (身長(cm) - 100)× 0.9

美容体重は、モデルさんのようにお洋服をすっきり着こなせる体重の目安です。
美容体重(kg) = (身長(cm) - 100)× 0.8

スポンサーリンク

身長が160cmの場合、上の計算式に従って計算すると、
(160 - 100)× 0.9 = 54 となり、健康体重は54kg、
(160 - 100)× 0.8 = 48 となり、美容体重は48kgになります。

 

目標体重を決めるときの注意点

 

体重が美容体重に近づくほど、体はきれいなラインになるかもしれませんが、体調もパーフェクトとは限りません。

ダイエットにより免疫力が低下し、
●インフルエンザにかかりやすくなった
●季節の変わり目にヘルペスにかかった
●夏なのに寒くて、とにかく汗をかかない
●「老けた」とか「シワが増えた」とか、周りからの印象が悪くなった
●イライラしやすくなった
なんてことも……。過度なダイエットによる痩せすぎには十分に注意しましょう。

理想体型の数値の計算方法

ダイエットにおいて大切なのは見た目の変化。体重はお手軽に量れて数値の把握も簡単ですが、同じ体重・身長でも筋肉量によって見た目が大きく変わってきます。体重だけでなく、理想的な各部の数値を知っておくことも大切です。

下の計算式に身長の数値を当てはめるだけで、各部の理想数値を出すことができます。

① ウエスト(cm) = 身長(cm) × 0.37~0.39

② ヒップ(cm) = 身長(cm) × 0.53~0.54

③ 太もも(cm) = 身長(cm) × 0.29~0.31

④ ふくらはぎ(cm) = 身長(cm) × 0.2~0.21

⑤ 足首(cm) = 身長(cm) × 0.12

理想体型がわかるとダイエットのメニュー決めにも便利
理想の体型を計算してみると、数値をクリアしている部分とオーバーしている部分をひとつずつ把握することができます。

やみくもにダイエットするよりも、自分のウィークポイントだけを集中してケアできるため効率的です。

ダイエットを始める前には、まず自分がいる地点を知ることから始めてみてはいかがでしょうか?

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ