若いからこそ読んでおきたい!ビジネス書のおすすめは?

bs-1

『ビジネス書』と聞くと、難しくて20代などの若い世代にはなかなか親しみがないかもしれません。

結構奥深く、難しい内容が多いと誤解されますが、最近では若い世代にも読みやすく、親しみやすいビジネス書が多く販売されています。

 

難しい、必要ない、と思っていても、一度手に取ってみると面白く、ためになる、勉強になるなどと評判も好評です。

チャレンジしてみたいけれど、ビジネス書初心者にとってみたら、どれを手にしたらいいのかわからないのも事実です。

 

これからの人生や働くうえでの心構え、また、マナーなどをしっかり学べ、そして初心者にも読みやすい若者向けのビジネス書をここではいくつか紹介していければと思います。

そもそもビジネス書とは?

bs-2

ビジネス書とはどのようなものなのでしょうか。

『働く』というだけではなく、一人の人間としての考え方や能力、もちろんビジネスに通用するマナーなど、その本を読むことで自分の力にすることができる書物のことを指します。

スポンサーリンク

最近では、スクールやセミナーなどに参加し、自分の可能性を広げている方もいます。

しかし、忙しく働く人が多い中で、せっかくの休日をつぶして参加するのも億劫になってしまう方も多いのも事実です。

 

そんなときに自分に合ったものをしっかり選べば、自分のタイミングや家、通勤途中など、場所を選ばずに学ぶことができます。

また、かしこまったスクールやセミナーなどで緊張してしまう方もいるようで、リラックスした状態で気軽に学べるのもビジネス書の強みなのではないでしょうか。

bs-3

しかし、様々なビジネス書がある中で、自分に合ったものを見つけるのは一苦労です。

多くの方が「これは勉強になる!良い!」と評価していても、自分に合ったものではなければ意味がありません。

 

せっかく時間を割いて読み進めたとしても、なかなか身にならなくて自分の可能性を縮めてしまいがちです。

そうならないために、ここからは様々な特徴を踏まえて、初心者にも読みやすいビジネス書を、いくつか紹介していきたいと思います。

ビジネス書のおすすめ①『営業職向け』

様々な職業がある中で、『営業職』を選んでいる方におすすめのビジネス書はいくつか存在しています。

はじめましての方々と接することが多いこの職は、成績が伸びず悩んでいる方も多いようです。

そんな営業職の方におすすめのビジネス書を紹介します。

 

【「売れる営業マンになりたかったら相手を知れ! 」といわれてもなかなかできない人のための営業質問術】

bs-4

かなり長いタイトルの本ですが、営業マンとしての心構えや簡単なテクニックなどをわかりやすく表現されています。

どの本を選んでいいかわからない、難しいビジネス書は重く感じてしまう初心者さんには、とりあえずこの一冊といったところでしょうか。

 

また、営業以外でも、人と人とのコミュニケーションのノウハウもふんだんに含まれているため、普段の生活の中で生かすことができる内容も多いようです。

他の本にはあまりない、違った視点からの表現が面白く、楽しみながら読み進めることができる一冊です。

成績が伸び悩んでいる方は、コミュニケーションの方法をこの本を読んで見直してみてはいかがでしょうか。

 

【「まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術】

bs-5

営業で直接出向くこともありますが、電話でのアポイントも多いのは言うまでもありません。

実際に顔が見えない、声だけでどこまで勝負できるか、この一冊でしっかりと学ぶことができます。

 

このビジネス書を書いた方も、実際に営業会社を設立、トップ営業マンとして活躍した実績があるからこそ、説得力のある、読んで納得できる一冊となっています。

テレフォンアポインターという営業をされている方には、おすすめできるビジネス書になっています。

 

【営業の魔法】

bs-6

営業職に就いたばかりの方にはかなりおすすめのビジネス書です。

営業といえばこれを読めと言われるほどの有名な一冊で、あまり読書を日ごろからしなかった方でも、ストーリー形式になっていることで楽しみながら読むことができます。

 

理解するのも早いですし、すぐ実行に移せるからこそ、持っておきたいビジネス書ですね。

ビジネス書のおすすめ②『お金の貯め方』

誰でも一度は貯金をしようと思うときはあるかと思いますが、どのように貯金していけばいいのか、何を節約していけばいいのかわからないといった声もある事は事実です。

そんな人のために「お金を貯めるコツ」をまとめたビジネス書がいくつか存在しています。

スポンサーリンク

【年収200万円からの貯金生活宣言】

bs-7

年収200万といえば、単純計算で月給約17万円ほどという計算です。

若者の初任給ほどの月給ではありますが、そんな金額から少しでも貯金ができるようになるならばチャレンジしてみたいですね。

 

収入を増やして貯金をするという話ではなく、今の金額から毎月の固定支出をどらだけ減らせるか、そこに着目した一冊です。

家計が破産した3800人を再建することができた、大手コンサルタントが書いたビジネス本で、すぐに確かめたり、取り入れたりできる、貯金の為のノウハウがこの一冊にギュッと詰まっています。

 

【世界一受けたいお金の授業】

bs-8

タイトルの通り、お金に関する様々な内容が書かれています。

多くの方が思うお金についての「なぜ?」を、これを読めばすぐに解決できること間違いありません。

お金についての疑問がこの一冊ですっきり解決します。

ビジネス書のおすすめ③『マナー』

人として、どんなに仕事ができても、勉強できても、マナーがなっていなければ、確実に周囲からの評価は下がってしまうでしょう。

そんなことにならないためにも、まずは自分にマナーを知る機会を与えるのが一番!

 

【マンガでわかる!社会人1年生のビジネスマナー】

bs-9

漫画を読み進めていくことで、社会人に必要なマナーを一気に学ぶことができる一冊です。

わかりやすくシンプルにまとめているため、すぐに取り入れることができますし、そのマナーがなっていないと、どのような失敗や問題が起こりうるのか、マイナスの方向からも学ぶことができるため、失敗を回避できるおすすめのビジネス書です。

bs-10

いかがでしたでしょうか。

様々なビジネス書が書店に並んでいる中で、自分に合う一冊を見つけるのは難しいですが、まずは初心者でもわかりやすい一冊から初めていくと、今後どのようなビジネス書が自分に合っているのかが見えてくるかもしれません。

 

いい一冊に出会い、社会で活躍できる人になるためにビジネス書はおすすめです。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ